HOME > ブログ > アーカイブ > 2017年2月

ブログ 2017年2月

脱毛に必要な【期間と回数】について!!

皆様こんばんわ!!
大阪梅田メンズ脱毛サロンLEO店長です!!

本日は、【期間、回数】などについてご説明させて頂きます。


1.髭を一度に全部脱毛できない理由

ヒゲだけでなく人の体毛は、毛穴全部から一度に生えて来るわけではなく、
植物のように、土の中に種としてある状態の物、芽が出てきたばかりのもの、成長期にあるもの、老いて枯れる直前のものなどさまざまな状態にあります。

実際に、ヒゲとして生えているものは、おおよそではありますが、全ての毛穴の50%以上ぐらいです。まだ生えてきていない毛は、ニードルであろうと、レーザー、光脱毛であろうと処理する事はできませんから、一回の脱毛で処理できるのは多くても5割~7割ぐらいなわけです。
つまりどこでどんな方法で脱毛をしたとしても、1回の施術でひげのすべてを脱毛することは不可能なのです。

2.では何回ぐらい脱毛すれば全部脱毛できるのか

前述したとおり、一回で処理できるのが50%以上ぐらいだとしますと、すぐになくなるのではないかと思われる方も多いかと思います。
確かに髭の脱毛は体の脱毛に比べると期間は短くなります。
ですが、回数は体よりも必要になります。
毛周期の関係で髭の脱毛の場合、最短で月に2回お通い頂けます。
体の場合、早くても月に1回です。
その為、必然的に体よりも回数は必要になってくるのです。

どのヒゲも全て逃さず毛根まで処理することは難しくなります。
ダメージを与え続けて毛を細く薄くしていき、効果を出していくものになります。
そのためなんども繰り返すことで、取りのこしを減らしていく必要があります。

3.光脱毛の場合

光脱毛の場合は10回ぐらいの照射でレーザーの5回ぐらいの効果が得られるでしょう。
ツルツルになるまでと考えると15回~20回ぐらいが目安ではないかと思います。
レーザーの方が肌の奥まで届くので、レーザー脱毛の方が回数が少なくて済むのが一般的です。ただし、あくまで平均的な例であるので、光でも少ない回数で満足いくレベルまで脱毛できる人もいます。


4.ヒゲ脱毛に時間がかかる部位

実は、ヒゲといっても、顔全体の色々な場所に生えます。
もちろん人によって、生えない部位と生える部位もあります。
この部位によって、脱毛してもしつこく生えて来る脱毛完了まで回数が多く必要な場所があります。
それは、鼻下下唇顎先のヒゲです。この3点が他の部位が脱毛できても、残ってしまうケースが多いヒゲです。
そのためこの部位だけなかなか脱毛しきれず、何度も照射を必要とする方もいます。
ですから、どの部位も均一に同じ回数で脱毛が完了できるとは限らないので、予め部位によって脱毛の状態にはばらつきがあることを知っていた方が良いでしょう。


上記が脱毛に必要な期間や回数です。

当店、メンズ脱毛サロンLEOでは10回までは継続して頂くようにお客様一人一人にお願いしています。
実は当店で10回以上継続して頂いたお客様は11回目以降、無期限でその後のメンテナンスとして特に髭が残りやすい部位の3点(顎先、鼻下、下唇)が税込\3600でできるのです!!!
こちらは3点選ばれた方の金額です。残っている部位1点のみももちろんお受けいただけます。
その際は、もちろん金額は上記よりもお安くなります。

美容院や理容院に1度行く感覚でご来店いただけるのです!!!
とてもお得じゃないですが??

やはり男性の方であればお店を変えるよりも一緒のお店に通う方が通いやすいですよね。

脱毛に興味がある方、お話だけで聞きたいという方、是非、脱毛サロンLEOへお越し下さいませ。


1

« 2017年1月 | メインページ | アーカイブ | 2017年4月 »

今すぐご予約したい方こちら! まずは体験 顔・髭脱毛 キャンペーン価格980円